淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

西讃Udonツー

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     あまりに暑い。無理しないで楽しめそうな、Udonツーリングに出かけた。

    目的地は観音寺市界隈、最西は箕浦の上戸。善通寺にデポして県道24号線を主に上戸を目指すことにした。帰りはうどん屋さんを探しながら国道11号線をウロウロしながら、最後は49号線でデポ地に帰るルートでした。途中、色々なことがありましたが、日差しは暑いが、台風一過か時折吹く風に冷気が含まれていたようで猛暑の割には爽やかなライドでした。

    善通寺にお参りしてからスタートです。

    県道24号線に入ってすぐに古墳群、四国って古墳が沢山あるように思うが、確かかどうか?

     

    ちょっとした峠を越えて後は下り坂、切る風は爽やかでした。

    三豊市高瀬町で見つけたうどん屋さんでまず一食目。

     

    もっちりながら腰が強い。美味いです。

    観音寺市街でググって評価の高い店を目指したが・・・・

    やはり上戸に行こうと、更に11号線を走っていった。

    残念、臨時休業とある。何人か恨めしそうにガラス越しに中をのぞき込んでいたが、のぞいても誰か人がいてるわけもない。仕方なく無人駅で記念写真を撮って帰路につく。

    その後、11号線でうどん屋さんを探しながらのライド、町中はやはり暑くッてライドが楽しめなくなってくる。

     

    剛麺系、うーんオヤジ好みでないな。

     

    更に剛麺、でもここまで来ると美味しいと思えた。

    結果、今回のうどんツーでは一軒目が一番うまかったかな。

    定休日に臨時休業と続きとどのつまりが、パンク。おまけにポンプの不調でチューブは替えたものの乗車は不能となった。場所は49号線の峠付近、あと数キロでデポ地ではあるが、前回のチェーントラブルと違って蹴った〜は利用できず、仕方なく歩く。500mほど歩いた道端に車の修理工場を発見、空気入れを借りにお邪魔した。が、自転車用はなく空気の充填はできず・・・・・しかし、親切なご主人で、従業員に命令「自転車を積んでデポ地まで送ってやれ。」・・・なんとご親切な方であろうか。遠慮もせず送っていただいた。また、その若い従業員の方も気持ちの良い若者で車内で会話が弾んだ。

    最後、このご親切を頂いて、悲惨なツーリングが極楽のツーリングになった次第。お接待文化のある四国だからこそなのか、私の心にも爽やかな風が吹き抜けたツーリングとなりました。

     

     

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    気になるときはやっておこう

    0

      JUGEMテーマ:スポーツ

       還暦を過ぎてはや3年。衰えを感じることは多々あるが、大病は患っていないと・・・・・と思う。人からいい年をして自転車に乗って元気だねって言われるし、野良仕事をしていてもたまに楽しいとも感じる。だから、それなりに元気なのだろう。

      ただ、還暦が過ぎ先が知れるようになったのか、もう「次の楽しみにとっておこう」と思う精神的な余裕は無くなってきたようだ。

      たとえば、自転車では、「あそこの桜が良かった。」とか「あの山道は新緑が綺麗だった。」とか情報を目にするとすぐにでも行きたくなってしまう。時間がとれれば即実行・・・・・こんなことがよくある。

      山登りも然り、一度連れていってもらって山の良さを知れば、単独でも山(身の丈にあった山)に登りたくなってしまう。

      これは体を動かすことに限られたことではない。現役の時にはあまり興味がなかったコンサートや映画にも結構な頻度で行っている。

      日本でオリンピックが開催される。またラグビーのワールドカップも開催されると聞くと、今、行かずして何時いける?と思ってしまう。チケットを申し込んだ。オリンピックは外れたがワールドカップは当選した。

      この際、オリンピックの敗者復活に申し込むつもりだ。興味あることは何でもトライしてみようだ。(笑)

       

      日常の出来事 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

      こんな暑い日に・・・(府能隧道)

      0

        JUGEMテーマ:スポーツ

         

         日本全国がうだるような夏をむかえています。当初の長期予報では今夏は冷夏・・・・・期待をしていたオヤジでしたが、ここ数日の気温の上昇をみれば、冷夏という淡い期待は吹き飛んでしまいました。

        今日も35度を超える猛暑日のところが全国各地で記録されている。聞けば釜石が37℃超えとのことでした。はて徳島はどうだったのでしょうか。肌で感じた気温はか〜るく35度は行っていたように思うのですが。

        久しぶりの訪徳であちこち走る場所を考えましたが、あまりの暑さゆえ自転車は午前中のみ、午後涼しい室内でマッタリとすることに。

         

        昨日ま〜し〜さんがリハビリライド(ダメージ度確認ライド?)で府能隧道に行かれていたようなので、リハビリライドではないオヤジですが、これが限度の距離と真似して佐那河内から神山道の駅経由鮎喰川のコースを走ってきました。50数キロでペットボトル4本を飲み干し、それ以上の水分を汗として流したダイエットライド、補給するまでは相当やせたと思うのですが。

        水量は多かったですが、夏は暑さで濁り気味になるのでしょうね。

         

         

        遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

        笠道(笠形山への道?)

        0

          JUGEMテーマ:スポーツ

           今回のプチ遠征は加西市の北部、地図上で面白そうな山道を見つけたので、行ってきたのですが。

          デポ地は加西IC近くにあるいこいの村はりま。先ずは中国縦貫道沿いの市内を散策。看板に誘われて五百羅漢にお邪魔してみました。2度目になるのですが、初めて訪れたときの記憶では、もっと山の中だったように思っていましたが、実は市街地の真ん中だったと改めて認識した次第。

          あまりに暑いと木陰で休息を取っているとき、ご住職と思われる方から「これからどちらに行かれますか」と聞かれたので、携帯電話を広げ「この道(福崎町大貫付近からの林道)自転車で走れますね。」とお尋ねすると、「よく知らいない道ですが舗装路ではないですよ。若井川沿いの道は舗装路ですよ。」とのこと。

          年長者の意見は尊重しないとね。当初考えていた道は早々と諦め、普通の道を選択して走っていきます。

          走った今回のコース はこれですが、途中から先ほどの貴重なご意見を裏切って林道に入り込んだのが運のツキ・・・・以降、シャベル元気(もともと単独走ですから無口でしたが)もうせ、ヘロヘログロッキー、後戻りも利かず、泣きと歩きでなんとか無事に帰れましたが、というポタにとなります。

          若井川沿いの道は県道145号線、市川に抜ける道のようでしたが、峠までの上りキツイ、暑さにまだ慣れていないせいで、もうこの時点で脚にきていた。

          峠の手前まで登ってきて、諦めたはずの分岐に着いて、林道が舗装されていることに気がつき、忠告を無視してしまった。

          きつい上り坂を少し走ると、斜度表示の看板12%と書いてある。ずっとではあるまいと、亀走で上っていく。ようやく尾根かと思ったら、そのとたんに道もダートになった。まかれた小石がしまているので何とか走っていけそう、折角尾根にとりついたのだから、先のアップダウンは知れているであろう・・・・・・・ぜんぜん知れていなかった。

          (ダートに変わった地点、左側は開けていて市川方面が見えている。)

          路面の荒れが段々とひどくなるし、アップダウンも・・・・・ついに泣きの歩きが加わった。戻るに戻れぬ距離6kmほど走ってきていた。あと何キロ???

          たまに開けた場所はあるが基本は木々で眺望はなし、しかし不思議に木陰もなし、汗か涙かわからない液体が顔、体、髪の中から湧き流れまくっている。

          ここから基本下りになった。「笠道」とある。むかえの山が笠形山だと思うので、その登山道という意味なのだろう。

          下りでもダートは怖い、下りの亀走、ブレーキと走る場所を間違えると、ひどい目にあいそうなので、下りでこんなに疲れたのは初めてだ。

          最後の最後、1,2kmがアスファルト舗装で快適だった。

          あまりに疲れたので、これ以上北上していくのは無理との判断でデポ地に方面にハンドルを切り、前々から気になっていた太平洋戦争中にあった「鶉野飛行場」に寄ってみた。

           

          おまけの情報ですが、今シーズン最後のツバメが今日巣立っていきました。来年もお待ちしています。

          (写真は5日ほど前の状況)

           

          遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

          古代蓮

          0

            JUGEMテーマ:スポーツ

             

             ま〜し〜さん はじめ徳島の自転車のお仲間さん達がこの三連休、島田島の古代蓮を見に行ってきたとblogやFBに載せられていた。お調子者のオヤジ、「これは行ってみなくてはナラヌ」と考えるのです。

            てなわけで、今日さっそく行ってみました。

             スタート地点は鳴門公園と島田島のごく近くにデポ、鳴門スカイラインを上ったり下ったりなので距離は乗れないだろうと近場にデポした次第。まあ、軟弱といえばその通りで特段の反論はいたしません(泣)

            久しぶりに走る鳴門スカイライン、久しぶりの晴天と30℃超え。しょっぱなの上り坂から超の付く亀走、堀越大橋で撮影タイムの休憩。

            次の上り坂を上りきって左折して撫佐へ下っていく。初めて来たときとは逆回りにしました。内の海沿いを走っていると、こいつ等が沢山道を横切っていた。よく見かけるカニではあるが、名前は知らない。

            スカイラインの高架下をくぐって少し走ると古代蓮の田んぼが現れた。最後まで走りきって、島に大きく分けて3か所の古代蓮の田んぼがあった。

            濃い赤が古代蓮(大賀蓮)の花の色と事前知識を得ていたが、白っぽいのもるようですね。

            いずれも花の背丈、花高っていうかどうか知りませんが、横から見るとぷっくりと丸い形が特徴なのかと思います。

            淡路でもよく見るレンコンの蓮の花も綺麗ですが、古代蓮って言われると、より高貴な花に見えてきます。ほれ、黄色いハスの実の上に「お大師さん」が・・・・・座っているのが見えますでしょう。

            ぐるっと海岸線を回って再びスカイラインに戻りますが、最後の坂、急坂なのを忘れていましたよ。後の祭り・・・・

            小鳴門橋の上から見る堂浦の海峡、いつも潮が流れていて勇壮ですね。(写真ではよくわかりませんが)

            あとは、高島を通ってデポ地、本日はお昼で終了。お昼を、以前から気になっていた一匠で釜揚げうどん。オヤジ好みの麺でした。

             

             

             

             

            遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -