淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山歩き3年

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     農作業を片付けた後、自転車に乗るまでの時間はなかったのでぼーっと物思い。

    「今までどれだけ山に登ったのだろう?」ドカさんが企画された山散歩に便乗して山行きを始めて以来、かれこれ3年、信州の高い山も登ったし練習にと地元の低い山にも登った。

     記憶を辿ってみると、最初の山散歩に出かける前に登山とはどんなものかと、加古川市にある高御位山に登ったのが最初だったかな。この後、山散歩で次郎岌と剣山(翌年家人とも登った)。

    翌年が天狗塚。地元の諭鶴羽山や先山にも登った。

    その次の年には、少し山にも慣れてきたとの思いから先導者なしで信州の山に挑戦、行先は木曽駒ケ岳と御岳山。

    調子に乗ってHCと組み合わせて乗鞍岳にも登った。

    それで、今年は蓼科山と初体験だったテント泊による立山。

    高山のほとんどがほぼ頂上まで乗り物が運んでくれる山ばかりですが、体力のない高齢者は利用しない手はありません。どんな手段を使って登ったとしても頂上からの眺望と達成感は最高のものがあります。

     登りやすい山ばかりでしたが結構な数登ってきていますね。

    スポーツでも遊びでもなんでも、ちょっと慣れた頃が一番危険、少しの油断でケガをするものです。これからも調子に乗り過ぎず、天気などを慎重に確認し時間に余裕をもって、安全な山登りをもう少し楽しもうと思っています。

    山行き | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

    初の山泊(立山)

    0

      JUGEMテーマ:スポーツ

       

       昨年のテント泊しての山行が事情で取りやめとなっていたが、急遽リベンジすると先日に決まった。あわてて用具の調達に訪徳したことは、この前お届けしたとおりです。

      シュラフ、マット、コンロ(ジェットボイル)等々を購入しましたが、メインの用具であるテントと大容量ザックは友人からお借りすることに。今回の山行きが楽しくッて嵌りそうだったら購入しようかなと考えています。

      結果を言うと、たとえ体力不足でてっぺんにまで登れなかったとしても、テント泊だけでも山の楽しさを十分に感じられることがわかりました。テントの購入を前向きに検討します。

      さて本題の登山紀行の方ですが、行先は立山です。この場所を選ぶに際しテント泊の先輩から、雷鳥沢のテン場は水もありトイレ、近くには風呂・食事処まであるから、テント泊にミスがあっても山で一晩を過ごせる。との助言から決定しました。

      何にせ今回山行きする2人は素人、一人は登山も初体験の者、私にしてもドカさん企画の「らくらく山散歩」に連れてってもらったのがきっかけで、ロープ―ウェイやリフトがある登りやすい山、2,3峰に登ってる程度、こんなど素人2人でよく実行したものだと今改めて振り返ってところです。

       

      27日木曜日、集合は参加二人の中間点になる丹波市柏原に21:30、こなれた乗り心地を誇る(20万キロ以上走破済み)我が愛車に荷物を積み込み21:50出発し、途中SAで休息を取ながら近畿舞鶴道、北陸道を走り、立山駅に到着したのが翌28日3:30頃でした。車中でまどろみ5:00過ぎに目覚めた。

      始発のケーブルが7:00発なので、朝食のパンをかじりながら駅の方面を見ていると、人が集まりだし次第に列になってきている。慌ててパンを水でいに流し込み、服装を整え走りだそうしたが、テントを入れた60Lのザックのあまりの重さに足元がふらつく、こんなのを担いで延々山道を歩く・・・・そんなこと、とてもできそうにない。・・・・・

      当初の計画では初日(金曜日)はテン場にテントを張るのみで、登山は2日目(土曜日)を考えていたが、土曜日の午後は雨になる予報なので行程を見直すことになりその際、室堂からザックを担いで立山に登り雷鳥沢に下りようかとの案もあったが?、ザックを担いで登るのはとても無理だろう(弱気のオヤジが意見)、で始発のケーブルに乗り、先ず室堂からテン場にテントと張り、アタックザックで立山に登ろうという案に落ち着いた。だから、どうしても始発に乗りたかった。

      無事比較的先頭に近いところに陣取れ、無事に始発にのれ室堂には8:05着、そこから雷鳥沢に歩いていくがザックが肩に食い込むし、坂を下っていく、登山するにはこの下り坂を上り返す必要があるが、これだけで元々無い脚がもう奪われそうです。

      テン場の雷鳥沢には8:45着、さっそくテント張りを始めるが、初めての時は何でも時間がかかります。

      これはどうするの?これは・・・・組上がって再出発できる体制が整ったのが9:55。さあ出発しますが、行程的に考えれば右周りが効率がいいように思いましたが、正順の左回り方一の越から登ることを選択した2人でした。

      (みどりが池)

      一の越山荘までは歩きやすく道が整備されているのですが、一の越山荘に着いた頃には、もうオヤジ達はそこそこ疲れ切っていた、11:20。

      手弁当のパンにかじりつき水を飲んで少し落ち着いたところで、遠くに見える槍ヶ岳に気がついた。

      さあいよいよガレ場を登っていきます。約45分で登れるとの会話が聞こえましたが、さあどうなることか。

      室堂側を振り返れば、大日岳?にみくりが池やみどりが池が見えます。シンドイけど眺めは最高です。でも疲れは吹き飛びません(笑)

      登頂〜〜〜あの先っちょが3003m、雄山の山頂です。

      北に目を転じれば、剣岳が見えています。(いつか登れるのだろうか)

      南東の下の方には黒部湖が見えていますので、尖がった山が針ノ木岳だろうか。

      500円を支払い雄山の山頂で安全祈願を受けて、次、立山の最高地点の大汝山を目指します。雄山から10分弱で着きました。

      柱が立っているとことが大汝山の山頂だと思いますが向かいの岩場に大汝山の看板の板がありましたのでそこで記念写真を撮って、次の富士の折立を目指します。大汝山から約20分・・・・疲れてきて時間確認が疎かになってきていた。

      これが富士の折立のようですが、登るのは危険そうですし、立て看板は行き止まり表示になっていました。

      この後、真砂岳にのぼってから大走りを下りようと考えていましたが、

      真砂岳の山頂がやけに遠くに見えて、とても4:00過ぎまでにはテントに帰りつえそうに思えませんので、真砂岳の手前で大走りの下りに向かっていくことに、地図の大走りの下りは1:30間でしたが、体重重めのオヤジは膝を痛めるので、超ゆっくりで歩いたせいもあって、2:00間を要しました。

      降り立ってほっとした目に、見事なご褒美が待っています。錦秋の立山、本当に綺麗、見事な眺めです。

      テントに戻り、これも初体験の食事つくり、まあ食事といってもお湯を沸かして、アルファー米のカレーピラフとフリーズドライのみそ汁。ワンカップとホットワイン、食後のコーヒー・・・・これだけ内から暖めたのにも関わらず、日が暮れるころには、寒くて寒くて歯の根もガチガチと震えが来ます。こんなに寒いとは思いませんでした。早々にテントに逃げ込んで、大いびきで就寝。満点の星、天の川を期待しましたが、雲がやってきてこれは次回のお楽しみとなりました。

      最後にこんな最高のプレゼントを頂きました。「アーベンロート」感動!!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      山行き | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

      雨のアート田んぼ

      0

        JUGEMテーマ:スポーツ

         

         早稲の稲刈りが終わり一休みの秋の採り入れ、今日は雨で野菜の植え付けなどもできず。

        一日中自由なので自転車に乗りたいのだが、雨ではそうもいかず。

        先日 や まさんが 報告されていた田んぼアートを見に車で行ってきました。

        土砂降りの時に到着したので、雨で煙っていて鮮やかさはないですが、しっとり落ち着いた写真に思えます。

        展望台はおろか周辺には人っ子一人おらず、完全な独り占め状態、これはこれで満足がいきました。

         

        ついでに(本務か)、急遽決まった1泊登山のための用具調達に〇〇bellでお買い物、調達用品はシュラフにスタッフバック、えーっとシュラフの下に敷くやつに、コンロ。枕に空気入れ・・・・お店でアドバイスされた品物をゲット。テントは友人の2人用に転がり込むことにしました。この詳細は実行できたときに報告させていただきます。

        山行き | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

        蓼科山登山

        0

          JUGEMテーマ:スポーツ

           

           昨年木曽駒ヶ岳に登ったあと、次はどこに登ろうかと思案してきた。

          山に詳しい者の先導でもあればもっともっと候補の山があるのだろうが、全く知識も体力もないオヤジがコーディネートして更に体力のない者と一緒に登るのだから、そう候補地は出てこない。

          思いついたのが、昨年Qちゃんさんと行ったビーナスラインからの景色を思い出して、この辺なら比較的楽に登れる山があるのはと思えて、ネットを検索。出てきたのが蓼科山と北横岳、山の形が富士山のような円錐形でかっこいいし、北横岳より少し高いのでより達成感を得られるかなと今回は蓼科山に決定した。

          昨年は登山日前夜から最寄りの駐車場で車中泊したが、蓼科山はそれほど早朝から登らなくてもよさそうなので前夜は諏訪周辺で宿をとることにした。

          台風20号の動向がきにかかる日程ではあったが、幸いにして出発前日までに台風は通り過ぎ信州の天気予報は晴れになっている。

          土曜日2時前に家を出て1日目がスタート、宿は朝食のみを予約したので途中夕食と時間に余裕があれば観光も少し入れた行程を考えた。

          米原JCTが16時ごろ、観光にと考えていたのは醒ヶ井の梅花藻、米原ICで下りて立ち寄ってみました。

          花は咲いているが、まだ疎らでした。でも水から顔を出している白い小さな花、とても可憐でした。

          この後、一宮IC近くで夕食を済ませ、宿には21時ごろに到着、明日に備え早々に就寝します。

          翌朝宿をでて蓼科山7合目登山口に9時半ごろ到着、ここから登るのが最短で初心者にも優しいとの情報を信じてやってきました。

          蓼科神社一ノ鳥居をくぐり登り始めますが、登山道にはゴロゴロと石がころがっていて平坦なものの歩きにくい、着地点を見ながら歩行しないと足首を捻挫しそう。そんな心配ぐらいで歩けたのがまだ幸せ、約2kmも進んだ先にあった馬返し、土石流の沢をよじ登っていくような急坂が待ちかまえていた。

          遅い時間に登り始めたものですから、下ってくる方もいらしてこの急登ですれ違いを余儀なくされ、遅い脚が一層遅くなります。

          まあ、貧脚といえどもこの時点ではまだ脚はサラでしたから、まあなんとか急登も登り切れ小屋がある将軍平に到着できました。このコース、ほとんどが急斜面を直登する感じ、これで初心者向け?とやや愚痴が出ます。

           あと1km弱、先ほどの急斜面がまだかわいいと思える壁のような崖が目の前に現れました。

          ここであきらめられる訳もなく岩にしがみつきます・・・一歩踏み出しては休み、また一歩登っては休みの繰り返し、40分のコース工程に60分を費やす、そうとう苦しみましたが、どうにかこうには登頂。

          頂上は石の台地、みはらす限り溶岩で埋め尽くされています。中央が火口だったのかややくぼんでいてそこに蓼科神社が祭られています。

          山頂には三角点とその脇には頂上を標す立て看板、標高2530mとある。うん地図等では2531mとあったが、山も成長したか。

             

          頂上からは北東に浅間山、南東には八ヶ岳、茅野市を挟んで甲斐駒ケ岳に北岳?などの南アルプス、西には美ヶ原、その向こうには雲に隠れていたが北アルプスがある。360°見事な眺望がありました。

          昼食を済ませて下山をはじめますが、下りは下りで脚に堪えますし、より危険がありますから安全第一にゆっくりゆっくり下山しました。日がまだ高いのでビーナスラインをドライブして終了としました。

            

          あくる日は、昼まで車山を散策、蓼科山から見えた山々に加え、新たに見えた富士山を堪能して今年の夏山めぐりを締めくくりました。

          山、とっても楽しいですね。来年も行きたいと思いますので、初心者向けの山、いい山があれば教えてください。

          山行き | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

          念願かなって 2匹目のドジョウ狙いで 御嶽山

          0

            JUGEMテーマ:スポーツ

             信州最終日に何をするか事前には全く考えていなかった。駒ケ岳の天気予報が都合よく外れてくれて良い目を味わったので、2匹目のドジョウが食べられるかもと、急遽登れそうな山を物色しました。

             

            選択の最大の要素はロープウェイ等、頂上近くまで交通機関で運んでくれる山。

            ありましたよ、近くに、ロープウェイはもちろん標高は3000mを超えるし(今は9合目までしか登れないようでしたが)、頂上は無理としても頂上が眺められるならそれはそれで満足できそうでしたから、この山 御嶽山に決定です。

             

             朝食のバイキング、体力をつけなければと太るということを無視して、こんなにお皿を並べて、恥ずかしいやろという忠告何するものぞと腹いっぱい食べてしまいました。

            前置きはさておき、駒ケ根から約90分ドライブすれば御岳山ロープウェイつきました。時間は9:00頃にかかわらず登山客はほとんどいません。やっぱり頂上まで行けないと人気がないのかもしれません。

            そうそう2匹目のドジョウの件ですが、そうそううまくは行かないようで、雨は降らなさそうですが上部かなり厚い雲がかかっていました。

            帰りの時間のこと体力のこと等を判断して今回の登山は8合目(ここまで登れば展望が開けるとの情報で)までとしました。

            ロープウェイ頂上駅から7合目まではほぼ平行移動で着きますが、8合目までの役100メートルは写真のような木製の階段が整備されています。この階段楽なように思えましたが案外疲れます。

            8合目の茶屋に着いた時の写真ですが、残念・・・・・頂上は見えて居ません。雲がはれるのを願って、今回のツキを期待してしばらく待ってみました。

            願いが叶った、ツキがまだ残っていた。いずれでもいいんです。頂上を覆っていた雲がはれました。

            じゃ下界のほうこうは・・・・・そこまでのツキはなかった。本来なら北アルプス、中央アルプス、南アルプスが一望のもとのようでした。

            山を下り遅めの昼食に「信州そば」を頂き、少し時間があったので、定番の観光地 妻篭宿 に立ち寄って淡路への帰路につきました。充実できたアルプス初体験、いい思いができました。こんなに楽しいならもっと若い時に登ってればとも、この点少々後悔かな。

            山行き | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

            念願かなって 駒ヶ岳

            0

              JUGEMテーマ:スポーツ

              念願だった「アルプスのてっぺんに自分の足で登って起立する。」ことができました。

               

              もともとから高いところが好きだったようで、子どものころは暇さえあれば瓦屋根の上にのぼってシャボン玉や紙飛行機を飛ばして遊んでいた、元来可愛いオヤジ。

               そんなオヤジが山好きなったのは、ドカさんの「らくらく山散歩企画」に参加させていただいてからで、その時、秘めていたものに火が付いたみたいです。

               今年4月29日に連れっていってもらってある程度道順が判った剣山に日帰り登山、その時にもっと高い日本の屋根といわれるアルプスに登ってみたい衝動に駆られました。

              軟弱な足で登るには、頂上付近まで乗り物で運んでくれる山だろうと考え、暇があればネットをググってて、その結果木曽駒ヶ岳に狙いを定めました。

               ロープウェイの頂上駅の標高が2,612mで駒ケ岳山頂が2,956m、300mほども登ったら山頂に立てるのです。

              早々にターゲットが決まりましたので、後は時期と天気、さすがに一人ではさみしいとので、家族サービスを兼ねた日程を調整、8月8日〜10日とし、足りない用具などを買い揃え来る日に想いを馳せていました。

              それがどうでしょう台風が来襲・・・・嵐を呼ぶ男と言われたのもなるほど!!!結局2週間延期して19日の土曜日から行ってきました。しかし、前日の金曜日に東海地方で豪雨、中央道が通行止め、おまけに日曜月曜の天気予報も芳しくない・・・・さすが嵐を呼ぶ・・・・

              少々気落ちして土曜日の夕方から淡路を立って現地に向かっていきました。

              道中観光と夕食を兼ねてSAを渡り歩き目的地の「菅の台バスセンター駐車場」には日曜日の午前0時到着、車内泊し4時ごろ起床し着替えや軽量化を図って、さて6時の始発バスを待とうとするが、はてあの行列は?並んでいる人に聞いてみるとチケット購入待ちとバス待ちの行列でした。そういうことかと当方もチケットとバスの列に別れて5時過ぎごろから行列に仲間入り。チケット窓口が5時半ごろに開き無事チケットを入手、バスの列に加わり5時55分の1便をから数えて5台目に乗車することが出来ました。

              ロープウェイでもこの行列が続くのかとの懸念は杞憂、9分間隔で動いていたロープウェイに1便待ちで乗車し、千畳カール頂上駅には7時前に到着。

              はやる気持ちで展望台に出るとこの景色が待っていてくれました。雲海のように雲がかかっているものの基本天気は晴れ、南アルプスの向こうには富士山の頭が覗いています。

              さあ歩き始めましょう。

              駅前の駒ケ岳神社に安全を祈願して、最初にして最大の急傾斜八丁坂を目指して第一歩を踏み出します。

              道順は知らなくても蛇がうねうねと這っているような登山客の列が見えていますから、迷う心配は一切なし。

              出だしは緩斜面で歩き良いが傾斜が増すに従い足もとは岩だらけ、おまけに崖に張り付く狭い道で下ってくる人とすれ違わなくてはいけない。初心者のオヤジが言うのも憚られるが、ロープウェイでこられる手軽さが仇となり岩がごろごろする登山道を観光気分で歩かれている人までいたりする。

              ジグザグの坂、2、3回折り返しの都度、写真撮影とついでの休憩を繰り返しながら、約60分で平坦な乗越浄土に到着です。左手に道をとれば天狗岩を越えて宝剣岳、

              右手に道をとれば前岳に行けますが、

              切り立った岩の道に自重(私一人なら行けるのに・・・とは言訳)、中央の道を中岳目指して歩いていきます。(中岳を駒ケ岳山頂と思い違いしていまして、中岳登頂後に前に見えた次の上り坂に、ちょっとだけ心が折れた。)、なだらかな上り坂のように思える岩だらけの登山道を進んでいきますが、実際は結構堪えます。

              途中、西側はこんな感じで雲から頭を出しているのは御嶽山?


               

              登頂!!! 中岳山頂2,925mです。

              (あら、駒ケ岳山頂はまだ向こうだったのね。)

              ここから駒ケ岳山頂には一旦下ってから登り返し、

              これまた結構しんどかった。

              駒ケ岳 2,956m登頂 北アルプスから南アルプス、富士山が眼下に広がります・・・・・

               

              はずでしたが、雲が結構あって山並みは雲の切れ間から時折覗けるくらい、北アルプス方面の写真に写っているのがたぶん乗鞍岳。

              大休止後、来た道を慎重に下って千畳敷駅に、心配していたロープウェイ待ちもほぼなくて駐車場に着いたのが12時半ごろでした。

              初心者山オヤジがする初めてのアルプス登山でしたが、すべてが順調、事前の天気予報が小雨で実際は雲がちらほらあったものの晴れ、非常に満足できた初アルプスとなりました。これはやめられませんね。

               

               遅めの昼食に駒ケ根市が力を入れている「ソースかつ丼」を頂いてから、少し足を伸ばして諏訪大社にお参り。

              2日目は駒ケ根温泉に宿をとりました。さあ最終日はどこに行こうかな)^o^(

               

              続きが書けるほどのエピソードと写真はないのですが、もう一山登ってきてはいますので、期待せずお待ちください。

              山行き | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

              念願だった・・・・

              0

                JUGEMテーマ:スポーツ

                 

                 東海地方の豪雨、中央自動車が通行止めとなった土曜日から遠征。今回は自転車ではなく、念願だった「アルプスに自分の脚で歩き、てっぺんに立つ。」やっと叶いました。

                登山道を力強く一歩一歩、歩を進めててっぺんならさぞ格好もよいのですが、途中は文明の力を大いに活用させていただいた超初心者の登頂。

                でも、満足度は1000%、楽しかった!次回はほんの少しでもレベルをあげて挑戦したいと、思っています。

                旅の詳細は後日させていただきますが、こんな山に登ってきました。

                 

                 

                 

                山行き | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | -

                山っていいですね

                0

                  JUGEMテーマ:スポーツ

                   

                  GW 自由になる休日はどうやら今日だけになりそうなのです。

                  この貴重な日を有効活用するには、「あの感動をもう一度!」と山行を思いつく。幸いにして天気は申し分なさそうですし、ただ問題は登山ど素人のオヤジが一日で行って帰ってこられるところで、かつ、素人にも易しい道のりおまけに眺めもいいところ。

                  そんなところがどこかあるだろうか、思いつたのがここでした。

                  登山の途中にこんな眺めの中を登っていきます。詳細は少し後で。

                   

                  では、続きを書きますが、行先はご推察の通り超メジャーな剣山です。

                  朝5:30に家で、本四、高松道、徳島道と乗り継ぎ、美馬で高速道路を下りて438号線で見ノ越をま目指して走っていきます。

                  途中、コンビニやSAで買い出し、軽量化を図りつつ、見ノ越に8時過ぎに到着しました。

                  ネットで剣山の天気を確認しているとき今日29日が山開き神事があると知りましたので、混雑する前に登頂しようと早朝出発としました。

                   早速登山口から歩き始めますと書きたいところですが、今回はリフトを使います。軟弱オヤジの本心が頭をもたげてとお思いかと存じますが、まあそれも間違いとまでは言いません。しかし、今回の同伴者は私より初心者でしたので、少しでも体力温存をとの配慮のためであって、けっして軟弱な気持ちがなせる業だけでないことを、少しだけ弁解させてください( ゚Д゚)

                  さすがに、歩き始めはすぐに息があがって苦しかったのですが、体が坂になれなじんでくると亀の歩みですが足を止めずとも歩いていけるように、気が付けが「刀掛けの松」、あと少し上っていけば、道端に雪渓が現れました。剣山はやはり高山。

                  出だしなのでまだ元気、気付けば山頂、ドカさんに初めて連れっていただいた時の剣山は雲がかかっていたうえ強風低温、確か摂氏零度だった。今回晴天(霞がかかっているが)気温も高くあったかい。次郎岌もこのとおり、剣山山頂の三角点をバックに写真撮影後、次郎岌を目指して下り始めます。

                   

                  登山はやはり下りが疲れますね、下り始めた途端、膝がきしんで痛みが出るし、太ももに張りが出てきてしまう。やはりウエイトオーバーが祟っているようです。何とかしなければ・・・・・・

                  振り返れば剣山の頂が、いい天気の高所、最高に素敵、何回でも上ってきたいし、次回は一之森方面に足を延ばして・・・・・

                  と考える余裕がまだありました。

                  丸石方面から続く笹道が確認できます。元気な脚があれば歩いて行ってみたいところです。

                  次郎岌山頂で遠望撮影を試みましたが、あいにくの霞でいい写真がありません。

                  丸石までは無謀かと帰路に、振り返った次郎岌に雲の影が足早に通り過ぎているところ、動画撮影をしてればとは後の祭り。

                  歩く前方には剣山の雄姿が迫ってます。

                  中腹に山腹を左に道が出ていると思いますが、今回はこの道で再びリフトを目指しました。

                  この道は途中で通行止め区間があって、下った道を少し上り返したら大剣神社にでました。

                  あとはリフトで見ノ越、時間に余裕があったので帰路は池田周りで、439号沿いにはまだまだ桜が残っていました。

                  やっぱり山っていいですね。

                   

                  山行き | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

                  海平の郷

                  0

                    JUGEMテーマ:スポーツ

                     

                     休日なのに朝から雨。自転車のお掃除をして午前中はお仕舞。昼前に雨が上がって食事をすませた頃には、青空がのぞきはじめていました。

                    何かしなければ・・・・・野良仕事それとも農機具の掃除?・・・・・・それとも折角自転車を整備したのだからポタ、そんな考えが浮かんでは消え、あっという間に時間が過ぎていった。

                    晴れ間がもったいないので、どこかに行こうと家を出たのはもう14時前、結局散歩へ。空気も澄んでいそうなので散歩するにしても海が見えるところに行きたいと思いつたのが、ここ。

                     

                    淡路市里の「海平の郷」標高は200mもないでしょうから下から歩いたとしても登山とはいえず、散歩でしかない。

                    五色住まいのオヤジは、この方角から見る先山は珍しい。

                    最近よく登場する紀伊水道の「友が島」

                    淡路によくあるリゾート開発の造成地ですが、なかでも眺めがいいようです。

                    距離して2km獲得高度300m程度でしたが、それでも体を動かしたのだから、一日中ゴロゴロと怠惰、無為に過ごす罪悪感は少し薄まったかな。

                    山行き | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

                    妙見山(淡路)

                    0

                      JUGEMテーマ:スポーツ

                       1月も早や後半になりましたが、昨日はTeamぐるぐるの新年会がブッチーさんのお世話で大阪守口市において開催されました。今回の新年会は自転車に乗らず少し趣向を変えて「パナソニックの本社工場にある松下幸之助記念館訪問」こんなアカデミックなイベントもたまには刺激があっていいものです。ブッチーさんありがとうございました。

                      もう一つ報告があります。先日の15日、とても寒くて淡路でも雪がチラチラと降った日、自転車は流石に寒かったので歩きで妙見山(522m)に登ってきました。

                      淡路市佐野の国道脇にある土産物店の横から登りはじめました。集落を通り過ぎ登っていくと御井の清水があります。頂上に向かうにはここを右折です。道は頂上までほぼコンクリート舗装、落ち葉があって滑りやすいところはありますが、歩きには良好な道、淡々と歩けば何の問題もなく頂上まで登っていけます。

                      登りはじめの集落あたりと清水の少し上で眺望が開けるほかは、頂上直下まで広葉樹の森を歩いていくことになります。

                      途中雪がチラチラ、頂上近くには昨日の雪が残っていました。

                      頂上には妙見宮、ただ眺望がきくのは頂上直下です。

                      眺望写真

                      1番目は瀬戸内海から四国方面

                      2番目は紀伊水道

                      3番目は先山方面

                      4番目はやや下ったところから関西国際空港です。

                      0メートルから登りましたので、思ったより疲れました。次回はさらに先の常隆寺まで足を伸ばし見たいものです。

                      山行き | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -