淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

観賞

0

     昨日は休日、だるま朝日を見に行こうかと思っていたが、朝起きられず。あわせて自転車活動もお預けにして、まずは年末までに片付けておかなければならない用事を一つ終わらせることにした。

    用事といっても、大したことはない。話題になったが高齢者の運転免許の返納、オヤジの年齢でも(自分では高齢とは思っていないが)世間では、その年齢だと思われているだろう。だがこの田舎では、トラクターを乗るにも免許がいるし、病院に行くにも買い物に行くにも、役場に申請に行くにしても、交通手段はマイカーしかない。だから、免許の返納なんて考えられない(安全に運転できる車の開発を望む。)。

    という訳で、神戸の運転免許センターまで免許の更新手続きに行ってきた。

    更新手続きを終えたのが11時前、折角、島から本土まで来たのだからすぐに帰るのはもったいない。観たかった「円山応挙展」まで足を伸ばした・・・・このために免許更新を神戸でしたなぁ!と思われたら、強くは否定できないが。

    京都まで行った甲斐はありましたが、展示されていた応挙のメイン作品が「但馬の大乗寺の襖絵」。大乗寺には2回ほど拝観に行っていましたので、襖絵は襖として使われている家を含めてが作品と思えて。やはりあるべき姿のままの方が上だと思ったのは贅沢な話かな。

    最近、自転車から遠のいている。寒いし・・・・去年までなら少しのスキマにでも乗っていたように思うが・・・・

    美術館・博物館 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -