淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

桜はまだ

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     3月に入っても今年はなかなか暖かくならず、もうすぐ4月になろうかというのに、まだ桜の蕾は固く閉じたまま、今日は休日でしたが期待していた花見もいけずじまい。こやつは「寒さは関係ないのか!」と、悪態をついて伸び始めた草を刈り取っていました。

     

     午後、野良仕事を打ち切り、昨日あった送別会(昨年定年退職したのに、なぜ?=一年単位の契約社員、要は日雇いの身です。その職場の送別会に参加していました。)のためバス停に置いたままにしてあった車を取に行くため、町内を少しだけポタリングしてみましたが、桜は全くといっていいほど咲いておらず、路側帯に植栽された大島桜のみがわずかに咲いているのみでした。

     

    しかしモクレンや菜の花はもう満開を過ぎ、散ってしまった畑や木々が目立ってきまいしたね。

     

    はやく、桜が咲かないかな〜!!!

     

     

    自転車日記 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

    八重地から大美谷ダム

    0

      JUGEMテーマ:スポーツ

       

       週休日で一日自由になる日。こんな日は、当然のように遠征すべく行先を妄想し、計画を練る。

      いつも迷ってしまうが今回はすぐに決められた。いつも参考にさせていただいている や ま さん が先日行かれたところに水がとっても綺麗なダムがある。機会を見つけて必ず行こうと決めていた大美谷ダムです。

      「大美谷ダムに行くなら上勝から行く方がいいです。」との や ま さん のアドバイスをもと計画したコースがこちらです。

       

      上勝町の道端にデポして一路八重地を目指していきます。八重地といえば徳島の自転車乗りにとってはメジャーな練習地なのですが、実は初めて、私、徳島人ではありませんが徳島を第2の故郷と自負しているものとしては、ちょっと恥ずかしいのですが、なにせ坂が苦手なもので、自然と避けていたのかもしれません。

      行き易いと教えていた道ではありますが、八重地トンネルに着いたときにはすでに脚は売り切れ。

      帰りに余裕があれば立ち寄ろうと思っていた八重地の集落(立ち寄らなかったので写真はこの1枚のみ)

      「トンネルから見た図」有名な構図ですね。ここまでたどり着くのに随分と日々を要しました。

      少し下って左折、大美谷ダムを目指します。道中素晴らしい眺望がありました。

      冠雪の山(剣山でしょうか)

      急な下り坂を下ってお目当ての「水清きダム」

      ダムとは思えない清き水。こんなの初めてみました。感動です。

      更に急坂を下って国道193号線、那賀町を経由する元気も脚もないので、再度県道16号線を走るべく右折して坂を

      上っていきますと、これも写真を見て以前から行きたかった道と大轟の滝(水量が少なかったですが)

      16号線に入りいろは坂ようのくねくねと蛇行した道を上っていきます。斜度は緩やかですが、

      (国道193号線と県道16号線の分岐(よく確認したところ沢谷郵便局あたりのようです。)でしょうか)

      オヤジには長すぎて脚が回らず超亀走でトンネルまで時間のかかること、この時点で八重地の立ち寄りは断念。

      かいた汗が乾き杉木立で陽光がない下り坂、もう冷え切ってデポ地に到着、おまけに食料をパン1つしか持ってなかったので腹ペコ、ハンガーノック寸前でした。徳島市内で遅い昼食とって帰宅しました。

       

      徳島!!!今日もありがとう!

      遠征ポタ | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

      ダルマに挑戦するも

      0

        JUGEMテーマ:スポーツ

         

        DNSとした今日、夕方に車で五色町都志角川の浜へ。今日は、五色からダルマ夕日が見え可能性がある四国と小豆島の間の水平線に沈む夕日が見える日でした。

        ご覧のとおり天気は最高、雲に隠れる心配はない太陽が西のほうに見えていました。

         

        それが、どうしたことでしょう。

        段々と太陽が薄くなって・・・・・水平線にたどり着く前に姿がなくなってしまいました。

        やはり雲、それとも霞+PM2.5?

         

         そりゃちょっと殺生やおまへんか。

        自転車日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

        最後のしだれ梅

        0

          JUGEMテーマ:スポーツ

           

           しだれ梅の花絨毯を見に行かねばと思いつつ、時間がとれなくてジリジリと焦りが募っていたところ、昨日少し時間が取れましたので、車と自転車を取り混ぜ、気になる処を回ってきました。

          まずは、しだれ梅です。ちょうどご主人がいらしたので、感謝をお伝えして、花をたくさんつける極意、要は枝の選定について教えをいただきました。我が家の小さな木は花の付きがもう一つ。剪定のタイミングは、花がまだ残っているときに剪定する方が良く、今年なら20日までにやってくださいとのことでした。

          少し行くのが遅れましたね。花の絨毯が風で飛び、まばらで、茶色く枯れているものが多かったですね。

          次に気になったのが、ラッパ水仙。

          好きはじめでした。ここでもご主人がいらしたので、少しお話を伺ってみますと、満開は20日ごろとのこと。また球根を植え初めてちょうど20年とのこと、以前は温州ミカンの山だそうです。我が家も昔にミカンを作っていたことがあったので、農作業の話で盛り上がり、また見にきますと約束して後にしました。

          つぎは久しくいってなかった生田方面に、長澤を経てヒヤリ越えを走ってみましたが、淡路CCへの上りで脚が売り切れ、何とも情けない結果に愕然として、短いライドを終えました。

           

          自転車日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

          五色から だるま夕日

          0

            JUGEMテーマ:スポーツ

             

             DNSの週末でしたが、夕暮れときに夕日を見に海岸線にでてみました。

             

            日課となってしまった日の入りの方角調べ、今日は旧一宮町深草にある緑の道しるべ辺りから見れば、四国本土と小豆島の海峡に夕日が沈むようです、いよいよ地元五色町に近づいてきました。

             

            今日は、雲が少なく霞も少ないので、すっきりと遠望がききます。改めて水平線を眺めてみると、海に沈む夕日が期待できるのは四国本土と小豆島の間しかなく、庵治半島の五剣山だろう思われる山と半島先端の山々間の標高が低いところで少し可能性がある程度。

             

            五色からのチャンスはその僅の日しかなさそうです。

             

            今日の結果ですが、肝心な水平線の僅か上に黒雲が出ていて、ダルマになっているかどうか良くわかりません。

            私的には、だるまと信じたいところなのですが、如何なものでしょうかね。

            自転車日記 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -