淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コウノトリチャレンジライド in 但馬レポ 前編 | main | 稲刈りシーズン到来 >>

コウノトリチャレンジライド in 但馬レポ 後編

0
    JUGEMテーマ:スポーツ
     

     レポの後編をはじめますが、土地勘もなく予習もしてないオヤジに名所の案内が書けるわけでもなく、走りのレポートといっても、暑さで記憶がとんでしまった後、書いてますので、「暑い・また峠・くたくた」の三言葉の組み合わせを変えて走りの様子を表現しているだけなんですよね。それでも読んであげようとお思いの方、もう少しだけおつき合いください。それでは、後編をおおくりしますm(_ _)m

      

     

     弱音を吐いても、ゴールまでは走らないと仕方がない、気力を振り絞って先に進んでいく。コウノトリ空港を下って円山川を渡り出石方面に走っていくが、この辺は平坦な道が続いて、ちょっとほっとする区間が続く。しかし、暑いのは一緒、体力が奪われ脚に乳酸が溜まって、そろそろ脚が回らなくなってきた。ピクピクと内股が痙攣する。こりゃ脚、攣るのかな?不安になってきた。

     出石川沿いを走ってると辺りが暗くなって気温の低下が肌をとおして伝わってくる。さっきまで真っ青だった空が、真っ黒な雲が覆いだす。雨がやってくるのだろうか。雨だけない気持ちがいいかもしれないが、雷はこらえて欲しいな〜などと思考力無い頭で考えていた。

    出石川に掛かる長砂橋を渡ったらすぐASが現れた。コウノトリ空港からさほど離れていないこの場所にAS、もう少し走ってからでもよかったんじゃない。とも思えるが、これがなんとも絶妙な位置に設けられていたことに気づく。ASに着いたとたんに、ザッーっとスコールのよう雨が降り出したのだ。走ってるときにこの雨で、顔にでも当たれば痛くて目も開けてられないような大粒の雨。僅か数分、早く走ってきてても、また逆に遅かった場合でも、このスコールでずぶ濡れになっていたのだろう。ラッキー!!!

        

    きっと一緒に走っていた者の中に、すごい強運の持ち主がいるのだろう。強運の持ち主がオヤジなんてことは絶対にない。オヤジは強運のおこぼれに預かれる程度の運の持ち主である(^_^;)

    気温も一挙に下がって体がずいぶんと楽になったし、テントの下で雨宿りができるし、最高のタイミングでの雨!!!後は、短時間で雨雲が去っていくことを祈ろう。

     

    願いが通じたのか20分ほどで雨が止み、走り出す元気を取り戻したオヤジ等は再スタートを切った。この先にも、まだまだ峠が待ちかまえて居るようですが、コース設定を考えた方は、円山川沿いの平坦地をただ走り抜けるっていうのは、あまりにも面白味に欠けると考えたのだろう。確かに平坦地で100Kmそこそこ走るだけでは、確かに面白みはない。やはり変化に富んで楽しめるコース取りをしたいに決まっている。

    仮に私がコースを考えるにしてもそう考えると思います。しかし、9月初旬は、真夏といっしょの高温、峠峠峠、峠を下りたらまた峠、これはオヤジにはきつかった。もっと涼しかったら、よかったのにね〜(*^_^*)。こんなご託を列べても、ゴールはまだまだ先。

    次に向かう峠、出但トンネルまで上っていく。実はこの峠がオヤジには一番堪えた。約5Kmで斜度5%位だと思うのだが、炎天下アップダウンを繰り返し70Km程走って、なおかつ高温とギラギラ輝く太陽に焼かれた体には、相当堪えた。先ほどのスコールが無かったら、たどり着けんかったかもしれん。

      

     

    出但トンネルを過ぎ下りに入れば、ぐぅんっとスピードが上がり体に当たる風が涼しく感じて疲れた体に生気が甦ってきて、中嶋神社のASに到着。ここの木陰も暑い。おまけに次の坂がASの正面に見えている。坂はもう勘弁して〜よ。

    小休止の後、仕方なく正面の坂道を上っていく。今回は500mほどの坂道だったので、なんとかクリアして下り坂を思いっきり走れば、ゴールはもうすぐだ・・・・・・と思っていた。

     

     坂を下り平坦なところを数キロ走ってコウノトリの郷公園の横を過ぎ、再び円山川沿いに、こんどは右岸を走る。目的地は玄武洞である。暑さにやられ限界値まで溜まった脚の疲れで、もうくたくた、平地走行でも辛くなってきた。

      

    玄武洞のASでは長期の休息。私が椅子にもたれ休んでるのを横目に、元気なちはるさんは、玄武洞観光に歩いて坂を上っていった。すごくパワフルな人(^_^;)すごいな〜!

    玄武洞の対岸が城崎のスタート地点、それなのにゴールまで後16Kmあって、もう一つ峠を越えないといけないらしい。もう勘弁して〜よ!最後の峠は距離も短く斜度もしれてる。しかし、けっこう難儀な峠ですよって、それってどうよ(-_-)

      

     
    なんだかんだ文句語ってきましたが、最後の最後に港大橋を渡りゴールのある側の岸にたどり着い途端、今までの苦しかったことや辛かったこと厭なこと全てが雲散霧散、とっても楽しい大会だったって思うのです。ぜひ、また参加させて頂きます。

     

    ゴール後に、美味しい但馬ビーフカレーのおもてなしを頂き、これまた頂いた外湯巡り券で「鴻の湯」で疲れた体をいやして帰路につきました。

      

    最後になりましたが、お世話をして頂いた方々には、心から御礼申し上げます。本当に有り難うございました。

    サイクルイベント | permalink | comments(8) | trackbacks(1) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      完走お疲れ様でした。
      暑さがまだまだ厳しいのでもう1ヶ月遅れのほうがいいですよね。写真みるとスコールの後もピーカンじゃないですか(^^;)。そりゃ疲れはてますわ。 コース見たら獲得標高が1300メートルもあるんですね。
      しかもほとんど寝ないでライドでしょ!? まだまだ行けますね(^^)
      ヨシ | 2012/09/06 7:47 AM
      お疲れさまでしたぁ!
      キツそうな コース(^^;
      同じ獲得標高でも・・・
      何度も何度も上って下ってだと 余計ですね
      玄武洞 観なかったんですかぁ。。。勿体無い(笑)
      Black | 2012/09/06 9:06 AM
      ヨシさん
      1300mも獲得してましたか。斜度はそれなりなんですが、暑さの克服が鍵でしたね。
      出来れば城崎温泉に前泊で肝トレもいいですね。
      ゴン | 2012/09/06 6:39 PM
      Blackさん
      イイ季節なら、楽しく走れるコースだと思います。そばツーで再訪してみたいです。
      玄武洞はその時ね(;^_^A
      ゴン | 2012/09/06 6:41 PM
      以前よりブログを拝見させて頂いている者です。
      (コメントさせて頂いた事がありかもしれません)

      さて、コウノトリチャレンジライドお疲れさまでした。
      私も参加しておりましたが、暑さと、坂&坂 できつかったです。

      ブログ拝見しました。鴻の湯の入り口で後姿が写っているのは、同じチームのメンバーです。
      出石のASで雨にあったとのこと、同じタイミングで雨宿りしていた事になります。

      また、中嶋神社のASでは、すぐ隣にグルグルのジャージの方がおられたので、多分、隣で休んでいた
      と思われます。

      声をかけようかとも思いましたが、人違いだと顰蹙なのと、暑くて気力がなかったというのが正直なと
      こころです。

      私もブログにレポートをアップしましたが、暑さで記憶が怪しく、内容の方はおかしいかもしれません。

      また、どこかでお会いした際は、よろしくお願いします。

      P.S.
      淡路島ロングライドもエントリーしています。昨年は14時ごろゴールしました。
      自転車好き親父 | 2012/09/06 8:36 PM
      自転車好き親父さん:
      中嶋神社のAS、そういえばトイレ横で休んでる時、ZitaBataのグリーン系のジャージの方がいらしたような?
      実は淡路島ロングライドと地元の祭が重なってて参加できないんですが、ぐるぐるのメンバー数人が参加しますので、見かけたらお声を掛けてやってください。今後共よろしくお願いします。
      ゴン | 2012/09/06 9:07 PM
      行き帰りの運転もあり日帰りでお疲れだったと思います。おかげさまで完走できました。写真を見ながら思い出していますが峠が多くてどの峠がどうだったか混乱してます。でも楽しい思い出となりました。島外イベントは一人ではなかなか参加がかないません。またよろしくお願いします。
      ちはる | 2012/09/08 10:06 PM
      ちはるさん:
      ブログを書いてて、暑さ、峠での苦しみも、すべて楽しかった思い出として頭に浮かんできました。是非また行きましょう。
      兵庫県に良いイベントがあることを、昨日見つけたのですが、鈴鹿と重なってて参加できないのが残念、ちはるさんどうです?養父ハチ高原ヒルクライム面白そうですよ(^o^)
      ゴン | 2012/09/09 5:59 AM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1106
      この記事に対するトラックバック
      2012年9月2日 <前日編> 前日の土曜日、集合場所の出石の「乙女の湯」を目指します。早く着いたのでコースの下見などにうろついていると、川に鳥の姿が。
      コウノトリチャレンジライド in 但馬 2012 | 神戸から自転車に乗って | 2012/09/06 8:38 PM