淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 香川県を上ったり下ったり | main | ヒマワリを探して >>

香川県 上ったり下ったり(詳細報告)

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     いつものように朝ドラを見たりしていたら出立が遅れ、デポ地の亀鶴公園についたのは、10時前にもなっていました。小雨がぽつぽつ降っている中を淡路から走ってきましたが、香川は曇っているものの大きな雨にはならなさそうで一安心、いそいそと自転車を組み携帯電話で地図を確かめて、まず県道3号線で多和を目指すことにしました。

     

     この選択はやや難がありました。思っていた以上に車の往来が激しく、特にダンプがビュンビュンと脇をすり抜けていきます。前山ダムで車を避けようとダムの湖畔道路に退避、ダムに流れ込む水は茶色に濁っている。昨日の雨、相当な豪雨だったようです(この状況は走った地域すべてが同じ、車通りの少ない道には溢れた側溝から流れ出た木々やゴミが道路を横断する大蛇のように横たわっていました。)。

     

    ダムの奥で川を渡り県道に戻り緒ましたが、そのまま直進していくと以前にのぼった女体山や大窪寺まで行けそうでした。

    県道を上るにつれ晴れ間が覗きだしてきましたが、それにつれ気温がぐんぐん上がり蒸し暑さもぐっとアップ、熱中症が心配になってくるような状況。こりゃあ、いつも以上に休憩を入れないと・・・・・

    やっとの思いで額峠に到着、溜まった熱を冷まそうと下り坂を・・・・あっという間に下りが終わり、今回の目的の道県道148号線の分岐に到着。

     

    148号線を北上、上りの斜度はゆるくオヤジ好みの道、また速報に頂いた や ま さんのコメントのとおり我が家がある淡路、それも丘陵地帯の五色や一宮によく似た風景でしした。峠を越えれば2車線あった道が1車線に減り道の脇にまで木々、特に竹が道に覆いかぶさってくる。

    自転車で好んで走るいつもの道だ、快適、気持ちよくなってきます。

    下り坂は結構続き、平地に着けばそこは、先日の や ま さんブログで紹介されていた“メタセコイアの町”三木。旧街道に逸れたところで、「メタセコイアの発見者 三木茂 翁の生家」発見し、

    これは行かなくてはと、太古の森まで足を伸ばすことにした。

    ちなみに、下の写真はオヤジノ今の職場に植わっているメタセコイアです。

     大休憩を終え、今度は263号線を走ることにして再び来た道を南下して148号線と263号線の分岐を右折、坂をのぼっていきます。集落の周辺は2車線の立派な道、しかし最近の道は斜度がきつくて、ヒイヒイと、苦しい上り道、人家が切れ昔の道になると自転車にとっての良い・楽しい道に姿を変えてくれる。覆いかぶさる木々が太陽を隠してくれ オヤジを優しく守ってくれるように、それでも坂をとっても苦手にしているオヤジはもうクタクタ状態ですが・・・・・

     

    展望が開けたところからは、讃岐平野が一望、遠くには小豆島、五剣山や屋島の姿が、水蒸気で霞んでいるものの、霧の上に山が浮かんでいるかの如く、水墨画のような景色が見えていました。

     

     峠を越え下っていくと高仙山登山口の看板を発見するも、再訪をきし今日のところは勘弁してもらって先を急いだ。そろそろ足も売り切れ(早い売り切れですが、そこはオヤジの実力)そろそろデポ地までの道を選択しないといけないが、出来れば坂が少ないのがいいかなと思っているのに、263号線もう一度上りになっていく。なんで?と思っても仕方がないのでよちよちとのぼる。

     

    国道193号線に入れば快適な下り坂が続く、下りで売り切れ脚に少しばかり充電ができたようで、県道42号線の分岐は特段考えもしなかったのに自然と右折して坂を上って行った。

    分岐後しばらくは2車線のいい道、でも例によって「虹の滝キャンプ場」の看板が見えるころには自転車にとっての快適道路に変身していきます。休憩ついでに「虹の滝」に少し道から下りてみました。どの道も同じでしたが南から北に進む方が坂の斜度は少なく当然ですね南側の方が標高が高いのですから)走りよいですね。

    下りたち後は、ゴルフ場南側を走りデポ地に戻りましたが、そのころにはもう意識が飛びそうなくらい、高温多湿な日の自転車はきついと再認識した。でも県道148号線や263号線は楽しい道、その脇道にも足を踏み入れてみたい衝動にかられました。再訪が楽しみになった楽しい道でした。

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      暑い中、お疲れ様でした。
      やはり旧道がいいですよね。体に優しい勾配と木陰。南北に走る道を東西に繋ぐ道が必ず1本はありますが、どれも淡路の内陸に似ていますよ。
      や ま | 2017/07/11 10:37 PM
      や まさん
      香川の道も楽しいですね。また行ってみますね。
      ゴン | 2017/07/12 8:00 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1593
      この記事に対するトラックバック