淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 丹波を走る | main | 岡山 金甲山 >>

播磨 西脇をちょっと走る

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     夏の高校野球、兵庫県の代表が決まりましたね。精いっぱい頑張っていただきたいと思います。

    オヤジの甲子園(職場の野球大会)も今日、黒田庄の市民球場で一回戦が行われました。退職後にもかかわらず是非助っ人(人数合わせですが)をお願いしたいと連絡を頂き、年寄りの冷や水は承知の上で今年も参加させていただきました。結果は敗退、若し勝って居たら来週の2回戦、9人の選手が集められなかったよう・・・・・だからといって無理に負けたわけではないのですが(*_*;

     

    帰りに西脇市立ち寄り、播州ラーメンに舌鼓を打ち、お腹が満たされたあとは、1時間ほどしかなかったのですが、市内をポタリングしてみました。現職の時に西脇市内で少しだけお世話になっていたことがあって、ものすごく懐かし街なのです。

    市内を流れる杉原川に沿って多可町方面に北上、ケヤキ並木が綺麗な道を走っていきます。

    1kmほど並木が続いていてケヤキ並木もなかなかいいものと感じさせてくれ、紅葉の頃に再び訪れたいと思わせる並木です。このすぐ先の道端には廃線なった鍛冶屋線の市原駅舎がひっそりと佇んでいます、走っていた列車が飾られ公園にしてありました。

    駅舎のすぐ山側に、おおきな瓦の屋根が周囲を睥睨するように立っています、庄屋さんだったのだろう「豪農の家」との説明板掲げられていました。

    裏に回って全体像を撮ったのがこれ

    西脇といえば播州織が有名ですが、最盛期の好況は想像を絶する好景気だったようで、市内各所に立派な家屋がこれでもかと言われるくらいあったようです。

    そればかりか、きっと大きな農家も多かったのでしょうね。町のあちこちに瓦ぶき入母屋の大きな大屋根をもった農家家屋が沢山残っていました。

    ほんのさわりみたいなポタしかできませんでしたが、次回は時間をとって北播磨を走ってみたい気になれた今日でした。

     

     

     

     

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      ケヤキ並木、なかなかのものですね。
      ぜひ、訪れたいものです。
      Qちゃん | 2017/07/30 11:46 PM
      Qちゃんさん
      西脇界隈、黒田庄に多可町を含めて回ってみてください。いいですよ。
      ゴン | 2017/07/31 7:56 AM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1596
      この記事に対するトラックバック