淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タマネギ植え体験 | main | 城山サイクリング&讃岐富士登山 >>

天空の郷(高知県本山町の棚田)

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     先週の金曜日、急に休日になりました。タマネギ植えはひと段落、どこかに遠征したいものだが生憎と天気予報が芳しくない、唯一おひさまマークが出ている地域がある。高知県だ。

    室戸岬は行ったしな・・・・どこかいいところがないものかと、ネット地図をみていると早明浦ダムの南東辺りに棚田が集まっている地域を見つけた。高知県本山町です。

    当日朝、淡路の天気は夜明け前に一雨あったようだが上がっていて曇り、淡路より西部の本山町はきっとおひさまが出ているだろう。

    徳島道を大豊ICに向かって走っていったが、吉野川SA辺りから雨がポツポツ、県境のトンネルを抜けたら本降りに近い状況、あれ!

    きっと高知に出ればおひさまが出ているはず。と高知道に乗り継いで走っていくが笹ヶ峰トンネルにはユキ注意の掲示がチカチカと点滅している。あれ!

    ここまで来て引き返すわけにもいかず行くしかないと先を進む。大豊直前、やっと雨がほぼ上がり空も明るく・・・・・しかし、おひさまはまだ。

    デポ地の本山町の帰全山公園に10:00過ぎに到着、雲っているがもう雨は降らないだろう、念のため携帯でレーダー状況を確認して、出発です。

    今回のコース

     

    公園を出て国道439号線を大豊方面に少しだけ走り県道267号線に右折、緩やかな上り坂を上っていきます。

    スギ林の中を少し走っていくと吉延の集落にでます。この頃には杉林は切れ山に張り付くような田畑と民家が見えだすように。先ず見つけたのはオンドリ杉の看板でした。

    樹齢1200年、大杉の後ろにはお地蔵さま。

    急な坂もそれほどなくて気持ちの良い里道を行きますが、「天空の郷」と手作りの看板があちこちに立ててあるのに気づく、どこか淡路に似ている、写真を柳沢、長澤といって見せても判らないだろう。

    山裾の棚田が大石の棚田、走っている辺りが吉延の棚田辺りです。振り返ればうっすらと雪化粧を施した白髪山が見えていました。


    次に目指す高角は少し戻って大杉の交差点を右折

    山並みの奥には寒風山、伊予富士?辺りが見えています?

    大石へ向かう町道に乗り替えて再び山の奥に走っていきます。坂は相変わらず適度、オヤジには打ってつけの道が続いています。

    今日一の眺め、青空ものぞきだしていました。(クラインガルデンもとやまの手前です。)

    また山を下って次の大石展望台に向かいます。

    展望台から見た吉延の棚田、これが売りになっている風景のようです。

    距離にして20数キロの旅ですが、心が和める場所(地元もそう変わりはありませんが)。田舎はいいものです。

    ここまで来たのですから、汗見川の清流をちょっとでも見たいと思い立ち寄ってみました。最下流ですがやはり綺麗な水でした。

     

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      以前、棚田のことを全く知らずに赤荒峠に登る途中に見て驚きました。田植えに時期に再訪&展望台にもと思っています。
      ところで、県道264号線の通行止めは解除されていましたか?
      や ま | 2017/12/10 7:06 PM
      や まさん
      水を張った時期に見てみたいですね。
      汗見川はほんの少し遡っただけですが、通行止めの表示は見なかったです。
      ゴン | 2017/12/10 7:49 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1621
      この記事に対するトラックバック