淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< だるま朝日 2017 | main | 2017の総括 >>

大麻山(香川)走って!登って!

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     今年一番の寒さの中、またまた行ってきました香川県。前回は城山を走って飯野山に登って、あの日は温かかったのですが、今日は格別の真冬日。デポ地の滝宮から国道32号線を走っていったのですが、西風をまともに食らってなかなか前に進めません。おまけにネックウォーマー無し、シューズカバー無しで手・足の指が痛いほどです。

     

    目的の山は金比羅山の裏山?大麻山、車道を自転車で上り最後に役1kmを登山です。もし時間があって元気であれば高鉢山にも登る予定です。

     

    国道32号線から県道47号線に乗り替え滝宮から10kmほど走った善通寺市の南部小学校を過ぎた池の端を左折しいよいよ登山道に入って行きます。

    上り初めの道はこんな感じ、向こうに見えている山が大麻山です。

    途中でもこんな感じで、斜度はそれ程急ではありませんが、思っていたより距離あって脚がおまけに路面がごつごつしていて手・腕も疲れました。(言い訳が多いですが)

    車道の行き止まりの1kmほど手前にキャンプ場と野田院古墳があり、展望台もあります。登って眺望を確かめる。いいとってもいいですが、少しだけ残念なのが、案内看板に見えるとある石槌山が雲で見えていません。


     左端の山が紫雲出山、この山にも登ってみなくてはいけませんが、来年にはですね。

    古墳と多度津?方面です。さあ更に上ります。

    フェンスの左手前の階段で頂上を目指し登山を開始です・・・・・まあ1km弱ですが疲れた脚に堪える急坂、階段、登りきったところに展望台があって、そこからの眺めは秀逸でした。


    多度津から丸亀の市街、右奥に瀬戸大橋が見えています。

    この前登った飯野山と城山が綺麗に見えています。

    高松市方面を屋島がよく見えていました。

    展望台からほぼ平坦な道を進んだテレビ局の鉄塔の横が大麻山の頂上でした。頂上には名板もなく○等三角点があるのみでした。

    一気に下って時間を確かめると13:00、昼食取っていると次の山には厳しそう、といっても昼食は必須ですので、高鉢山を諦め金比羅さんの街並みをポタして帰ることに。それにしても寒い、寒く感じなかったのは木々で風がさえぎられていた上坂のみでした。

     

     

    遠征ポタ | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      ま〜し〜さん、ふくてんさん、ドカさんと飲みながら、これは何処からだろうとFBの写真を見て、あれこれ噂していました。
      大麻山、写真のフェンス脇を担いで、山頂まで自転車で登ったのは、もう10年くらい前です。
      や ま | 2017/12/28 12:08 AM
      寒さの中、さすがの行動力です。私が思ってた山より、ちょっと西でした...
      飯野山?上から見ても見事な富士山型ですね。
      まんべ | 2017/12/28 3:40 PM
      そりゃ〜寒かったでしょう&#8252;
      なんか病的に頑張ってますねエ
      飯野山はやっぱりかっこイイですね
      Qちゃん | 2017/12/28 4:02 PM
      や ま さん
      最近香川づいていますが、なかなか見所がたくさんありますね。
      あの独特な山容がいいでね
      ゴン | 2017/12/28 6:59 PM
      まんべさん
      像頭山?でしたでしょうか。
      讃岐富士綺麗ですわね。また登ってみたいですが、山は外から見る方がいいかもでね。
      ゴン | 2017/12/28 7:02 PM
      Qちゃんさん
      急がないと明日は分かりませんし、いい季節は百姓、寒いですが一番自由がきくのでね。
      ゴン | 2017/12/28 7:04 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1624
      この記事に対するトラックバック