淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 遠出して花見 | main | 芝桜(広棚) >>

ひょうたん桜

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     満開のひょうたん桜に行って来れました。この最高のタイミングを計ってくれたのは、旧友 Qちゃんさん、なれど同行予定が急な用事で私だけがいい目を見せていただく結果となりました。Qちゃんさんにはちょっと申し訳ないことになりましたが、最高の開花状況、最高の天気での訪問、最高です。

    行程、訪問地等の調べをいつもお任せしているオヤジは今回も事前準備を全くしていなかった。急に一人旅となったのでひょうたん桜の所在だけは確かめ、朝4:00出かけていった。

    本四道路、徳島道、高知道を乗り継ぎデポ地の越智町の某公園(事前に決めていたわけではなく、たまたま見つけた公園)に着いたのは8:00ごろ。

    越智町で自転車に乗り替えたが目的の桜までどれくらい離れているのか、また経路も全く不明、携帯の地図を頼りに国道33号線を西に走っていった。

    33号線はさすが二桁国道、道幅も広い、そして交通量も想像以上に多い。高知県の山の中、清流で有名な仁淀川沿いを走る道、きっとのんびりと走れる道だろうと思っていたのは大きな間違いであった。我が地元同様の田舎だと思っいて大変失礼なことをしたとちょっと反省。

    道端にラーメン自由軒の看板、大阪、神戸に希望軒という名のラーメン店があったのを思いだして旧道に逸れて店を確認、昼食の候補にした。その先には芋ケンピ製造販売店を見つけた。なんでも高知県は芋ケンピが有名らしい、これも気になる店であった。

    寺村で橋を渡る手前の山の斜面に花桃のピンクの濃淡が目に飛び込んできた。この辺りあちこちに花桃が植えられていて観光地にもなっているところがあると聞いたが、探して行ってみなくてわ。

    33号線を進んで大崎郵便局の手前にひょうたん桜の看板、看板を右折して尾根を上っていくのだが、これが結構な急勾配、もともと坂が苦手な上に歳と体重を重ねたものだから、もう堪らない。

    桜まで約3kmなのだが最初の上り坂が特に堪えたし、道中ずっとスギヒノキの木立の中、ほとんど眺望がなくて気持ち的にもきつかった。最後500m位でやっと木立が抜けられる。桃源郷か思える景色が現れた。

    ひょうたん桜は?さらに登っていくが件の桜は濃い正面に見えているピンクの桜を130度ほど右に曲がった奥にあった。

    2枚前の写真ひょうたん桜の側にある古木、すぐ上の写真はひょうたん桜の奥から対面を眺めたもの。山の上に集落、急峻な地形のところでは、陽光を求めて結果が高いところなのでしょうね。帰路は国道439号線に下りるルールになっているようなので、そちらに向かうが、さらに上方の坂の上に見事な枝垂れ桜があるのを発見。行ってみた見事な樹だが誰もみには来ていない。もったいないきがするが、この辺ではこれくらいのものは珍しくないのかもしれない。

    439に下り33号線にもっどたとろでこれから行く目的を検索、すると花桃が有名で久喜の集落がでてきた。

    久喜の沈下橋を渡って奥にいけばつけそうだ。

    沈下橋を渡ったところから約1kmほどの道、荒れたコンクリート舗装でひどどかった。道の合流点で理由が判明、仁淀川の下流から車用の道が整備されて、どうやら今は使われていない道だったみたいです。

    5・6分咲ですが濃いピンクとピンク、白、赤の花桃、豪華絢爛です。

    33号線に戻って次の目的地を検索、中越家のしだれ桜が出てきたが、ちょっとオヤジの脚では無理っぽいので、取り敢えず大渡ダムまで行ってみることに、ダムで写真を撮って腹も減ったので気になる自由軒のラーメンを目指してUターン、これで今回の桜の旅は終わりです。最後に仁淀川ブルーを載せておきますが、思っていたより川の透明感はなかったかな、鮎喰川や穴吹川のほうが数段上と思った徳島フリークなオヤジです。そうそう自由軒のラーメン美味しかったですし、芋ケンピもお土産に買って帰りました。

     

    今回のコースです。

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      やはり立派な名木のようですね。
      蕾がひょうたんの形をしているみたいですね。
      Qちゃん | 2018/04/01 10:05 AM
      Qちゃんさん
      良かったですよ。来年も行きたいですね。
      ゴン | 2018/04/01 9:26 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1647
      この記事に対するトラックバック