淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猛暑に挑む | main | 古い街並みを訪ねて引田 >>

引き続き香川

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     台風一過?で暑いながらやや強めの風が吹いている。木陰なら気持ちよく走れた。しかし衰える一方の体は3時間も走ればボロボロ、気持ちは萎えてしまう体たらくです。

    月曜日が休日になる最近のシフト、食べたいと思っている「わさび漬けぶっかけ」は諦めて、今日も先週に引き続く豪邸探しの旅に出ることにして、ネットをググって見つけたのは仏生山町(門前町)でした。

     

     体調に自信がもてないものですから、ほん近くの高松空港にデポ、下り基調で「コトデンの仏生山駅」を目指す。豪邸に利く鼻をヒクヒク、目をキョロキョロしながら走っていくと・・・・油佐城址近くで見つけた。

    見事な長屋門、お聞きすると明治の建築で肥料の商いをしていたとのこと、建物は保存していきたいが、補修するにも職人さんが減って材料も手に入りずらくなって、なかなか難しいものがありますとも言っておられました。

    更に県道280号線を北上していくと、ありました。

    豪農の館?帰路にも別の場所でよく似た建物がありましたが、そこは今も農業をやられているような感じでしたので、そう思ったのですが。

    いよいよ仏生山駅が近づいてきましたが、腹が減っては・・・・でうどん屋を検索、出てきたのが「うどんの田」

    好みののど越しつるっともちもち

    仏生山駅を東側に通り過ごしお成り街道を南下していきました。ここからは豪邸というより、江戸の香りっを残した民家になります。

    上がりは、仏生山(門前町)の基になる法然寺(高松藩の菩提寺)になります。

    後、体力が続か限り(たかが知れていましたが)走っているとblogで見慣れたうどん屋さんを発見。

    ここも私好みの麺。今日のうどん屋さんは大当たりでしたが、加速度的に衰えていっている体には愕然、ナサケナシ!

     

     

     

    遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      仏生山の豪邸情報、ありがとうございます。
      また、訪れてみようと思いますが、涼しくなってからですね。
      や ま | 2018/07/31 8:06 PM
      や ま さん
      いつもコメントありがとうございます。
      豪邸って、探せば結構ありそうな気がしてきました。
      距離がならなくなったし、しばらく街乗りを楽しもうかと思っています。
      ゴン | 2018/07/31 8:56 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1660
      この記事に対するトラックバック