淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019登山 | main | 2019登山・・・・八方尾根 >>

2019登山・・・栂池自然園

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     今年の山はどこを登ろう」あれこれ悩んでは見たが、選択肢は高が知れている。ロープウェイでほぼてっぺんまで登れて日帰りできること、この条件に見合う場所といえば、登山というより高所への観光旅行と呼ぶべきかも?たぶん山に慣れ親しんでいる方々ならそう考えても当たり前だと思うが、オヤジにはこんな山行きでも立派な登山なのです。

    長々と、枕を書いたが、結局今年に上ることにしたのは、唐松岳・・・・の麓、八方池からの眺めを楽しむことを主目的とし、できれば丸山ケルンまで登りたいと思っていた。そして状況が許せば唐松岳の頂上までの思いは少しあった。・・・・・確かに、八方池なら信州旅行のついでにちょっと登ってみようかとロープウェイに乗る方も大勢いるところである。

     家を出発したのが3日の15:00、ルートは本四→山陽→新名神→名神→中央道→長野道と乗り継ぎ、白馬村にたどり着いたのが、深夜0:00過ぎ、その日はそのまま車中泊とした。

    淡路はいい天気の下で出発はしたが、向かう信州は台風18号崩れの低気圧が接近している。4日午後は雨で5日が曇りの予報。当初計画は4日に八方尾根、5日に栂池か北尾根に登ろうと思っていたが、4日が雨なら順番を入れ替えることにして、起きた時の空模様で決めることにした。さすがに狭い車中泊ではどこでも寝られる鈍感なオヤジでも、1時間毎に目が覚めてしまう。その都度車外の様子を見てみるが、ずっと雨、それも相当に強い時間帯があった。幸いにして朝5時は小雨に変わっていて、天気予報も午前中は曇り、午後はまた雨、5日は終日曇りの予報。なら、4日を栂池自然園にして5日に八方尾根の方が期待できるかと、先ず栂池のロープウェイ乗り場に行くことにして、7:00過ぎに到着、8:00の始発を駐車場で待機。平日のせいなのか、それとも天候が悪いためか駐車場には数台の車しかない。雨は上がったといえども登る価値がないのか?・・・・8:00前になってようやく30人ぐらいの団体が3グループほどやってきた。これで、こんな天気なのに登のる?相当酔狂な人、というわけではないようで、先ずは良しかと一安心。

    栂池パノラマウェイでゴンドラとロープウェイを乗り継いで登るルートで自然園入園料を含め往復3600円、チケットを購入し団体さんの後に続いてゴンドラでスタート、ゴンドラの終点近くになると雲の中にすっぽり入ってしまった。ゴンドラを降りたところで係員からここでカッパ着用の指令がある。

    ロープウェイに乗り継いで自然園のすぐ下まで到着。外は土砂降り。さすがに歩く勇気が出ず、休憩施設で様子を見ることにした。

    窓から見る外は、紅葉真只中。

    一緒に登ってきたグループの面々(オヤジより高齢、オヤジ程度の初心者風)は雨をもろともせず、カッパ姿、中には100円均仕様の白いカッパの人も、元気に外に出て行った。

    だが、オヤジの足は止まったまま・・・・・・雨は厳しくなる一方・・・・・

    小1時間も待ったが天候は好転の兆しを見せず。しかたなく、明日に期待して下山することにして、後は観光旅行に切り替えて、少し天気がよさげな長野市の善光寺に行くことにした。

    本日の宿は白馬村のペンション、明日に備えて早めに就寝。(つづく)

     

    山行き | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://gonchari.jugem.jp/trackback/1729
      この記事に対するトラックバック