淡路から自転車に乗って!

ロードにはまった淡路人のチャリな日々です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

谷間豊永林道と京柱峠

0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     昨日からの雨も今は霧雨のような雨がところどころで降っているが、時間がたつにつれ天候は回復するとの見込みが立つ朝、予定どおり四国に遠征することにした。

    行先は谷間豊永林道、や ま さん のブログでその存在を知る。山肌に張り付くように点在する村々を縫うように走る林道が延々20Kmも続いている。

    事前にgooglemapを見てみたが、マスクメロンのように張り巡らされた道が迷路のよう、無事行きつけるか不安はあるが、現地に行けば何とかなるかと地図さえもたず、相変わらずの無謀さで出かけて行った。

     

    大歩危の道の駅着いたのが10:00過ぎ準備を整え出発できたのが10:20ごろか、ずいぶんと遅くなってしまったが、どこまで走れるのだろう?と出発。

     

    先ず林道の入口から探さなくてはならず、とりあえず県道45号線で吉野川を対岸に渡り上り坂を少し走ったところに「有瀬」の看板を発見。県道から右折して上り坂を上って行った。

    トンネルを2つ越したところで集落にでた。

    地図で見たように道が迷路になっているわけではなく林道は他の脇道に比べ広く整備がなされているので迷うことはほぼなさそう、またスマホも通じる地図ソフトも問題なく閲覧可。安心して先を急ぐ。

    吾橋小学校をすぎ次の分岐で写真を撮っていると、後ろから来た車が停車。「どこまでいくん」、このオヤジ、迷い込んだん?と心配顔で私を見ている。私「この道大豊までいけるんですよね。」と、車の女性が自己紹介「にし阿波のスタッフしてました。私も自転車に乗ります。」とのこと、どうりでオヤジのへなちょこさに気付いたのだろう。

    オヤジは見栄を張って、そのうち、にし阿波のCコースくらいは走ってみます。と大見得を切ってお別れした。なんでも彼女は東祖谷まで行くそうでした。

    しばらく林の中を走り山の奥の方の谷間の小さな集落までいき再び吉野川を向いて林の中を走っていきます。

    茶畑が見えてきたところが、有瀬の集落でした。

    道の下方吉野川近くまで家が点在していて家々をジグザグに道が連なっています。

    更に林の中を進んでいくと高知県大豊町に入り、集落は岩原でした。集落の終わりには、こんあところに!と場違いと思える赤いアーチ橋が現れます。

    アーチ橋を越え山の中を走っていくと透明度の高い渓流にでます。更に走るといよいよ最後の集落八川にでました。

    八川から尾根伝いを下ると終点大豊町でした。

    思っていたより距離がなく時間もまだ早い、さてどうしたものかと思案をした結果、合流した439号線はこの辺りは整備されていて走りやすそう案外京柱峠まで急こう配がないかもと峠を目指すことにした。

    整備された439号線走り始めてすぐ。ヨサクと変わってしまって、坂の勾配も急になっていく。どこまでいけることやら?写真を撮る余裕もなくなり小休止を繰り返し、だましだまし到着した京柱峠。

    高知県側の山々、徳島県側を望めば去年連れて行ってもらった天狗塚から牛の背が手に取るように浮かんでいる。来てよかったと思った瞬間です。

    ここまで来たら祖谷側に降りてかずら橋から県道45号線で大歩危までと考えたが、あの峠を走るは・・・・・

    ヨサクを引き返すことに、あー最後まで軟弱なオヤジであった。  今回のコース

    遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

    行きたかった道とおまけで峠

    0

      JUGEMテーマ:スポーツ

      田植えが終わって、タマネギを収穫した田んぼの田植えが始まるまでの間、しばしの休憩。そんな休日に、前々から行きたかった林道と時間に余裕にあったのでこれまた初めての峠。

      軟弱なオヤジなのに欲張ってしまって、今脚、太ももがパンパンです。

      詳細は後日にさせてもらいます。

      遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

      阿讃中央広域農道 報告

      0

        JUGEMテーマ:スポーツ

         

         今日は先日行った阿讃中央広域農道の詳細を報告します。ただ、記憶が判然とせず、もともと記憶力がよくないうえ寄る年波で物忘れがひどい、こんなことなら当日blogで書いておけばよかったとは、後の祭り、頼りない記憶をもとに書きますので、間違いがあれば訂正の程よろしくお願いします。

         

        先ずは、走ったルートはこれ!

        脇町にデポして夏子ダムを目指しますが、脇町の小さな神社で大きな楠木が目にとま、道中の安全を祈願する。

        夏子から緩やかな登りで広棚に上っていきますが、上り始めてすぐいい色の新緑に出会えました。

        速報に書きましたが、今回の道中で南側が開けた場所からはずっと剣山が見えて居ました。前に上った時に剣山が見えたかどうか、全く記憶になし。あれから剣山に2度登りましたので、山容が判ったからか、道々剣山を探すことになりました。

        今回は大瀧寺にも、竜王山にも登らず、広域農道の全線制覇に重点を置いた。前回、438号までの中途半端で終わりましたので、今回は体力を温存して制覇を目指します。立ち寄った峠は相栗峠と土器川の源流のみ。


        剣山の写真をずっとアップしておりますが、何処から撮ったかまったくもって不明、ただ、東から西の順です。

        新緑に見とれて坂もあまり気にならず、楽しんで走っていけます。

        今日一の新緑がこれ、三頭里山の森でした。

        走ってきた道が山の中腹に見えてます。右端の山から走ってきたような。

        眼下には吉野川の大河が、大蛇のようにウネウネと徳島市内に流れている。

        最後に三野町の九十九折れを下って終点、あとはおとなしく12号線をデポ地まで走って終了となりました。何度来ても徳島は楽しいとところでした。

         

         

        遠征ポタ | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

        阿讃中央広域農道

        0

          JUGEMテーマ:スポーツ

           

           今日は週休日。これまで一か月ほど田植えの準備に追いまくられ、満足に自転車活動ができてなくなんとなく鬱積したまま、こんな気持ちをすっきりさせようと、今日一日を自転車に充て走ってきました。

          行先は阿讃中央広域農道、2回目の訪問になりますが、もうほとんど記憶にとどまって無くて、初めて訪れたような旅となりました。

          写真は、広棚付近だったと思いますが、初めて剣山が見えたとことです。続きは、記事のないときにとっておきたいので、しばしお待ちください。(もったいつけるね〜( ^^) _U~~)

          遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

          大阪峠

          0

            JUGEMテーマ:スポーツ 

             連休はまあまあの好天でしたが、昨晩から今朝まで、また金土辺りも愚図つくみたいですし、来週もちょっと芳しない予報がでていましたね。我が家辺りの田植えは今月末から6月中旬になので今はまだ田起こしや草刈りをやっています。だから、天気が良くないと農作業が進みません。

             今日は種まきした箱苗を苗代に並べ、2回目の種まき作業をやりました。ここまでは順調でしたが、後の草刈りや田起こしはやれずじまい。雨が降っていたわけではないので、無理をすれば草刈りはできたとは思うのですが、「ちょっと気分転換も必要だろう。」と言い訳のようなことを考えて、午後は訪徳して大阪峠を走ってきました。相変わらずの貧脚で脚は疲れましたが、心は晴れやかにリフレッシュできました。

            大阪峠、山にしても道路脇の木々にしても、みな新緑、中には新緑から深緑へ色濃くなっている木々も増えてきたようです。

             

             

            遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

            醍醐桜&岩井畝の大桜

            0

              JUGEMテーマ:スポーツ

               

              やっと叶って、岡山真庭に桜を見に行くことができました。

              今回も悪友のQちゃんさんを誘ってのポタ、3月末から天気と咲き具合を見定めた上で、昨日の実行となりました。

              最初に旅の出来具合をお伝えしておきますと、お目当てだった大桜の2本は、大変満足のいく咲き具合。しかし、その後訪れた新庄や美甘はまだまだ蕾の状態でした。温暖と思っていた岡山県でも県北地域は寒いのでしょうか、後で書きますが、山にはまだ雪が残っているし、桜もまだまだ蕾で開花すらしていなかったような状況でした。

               

              5:30Qちゃんさんと合流してデポ地の月田駅に向かいます。ルートは本四道路から第2神明、経費を考えて加古川バイパス、姫路バイパスを乗り継ぎ、播但連絡道から中国自動車道の北房ICで下りて県道84号線、醍醐桜の入り口を通り過ごし月田に到着したのが、9時過ぎでした。

               

              さて出発となりますが、ここで相談、持ってきた地図をみて醍醐桜の正規ルートより裏道の先ず岩井畝の大桜を一番目に見て次に醍醐、この方が坂、緩やか?(後々この選択が功を奏することになる)との相談がまとまり、デポ地から県道32号線を富原駅の方に走って行きました。

              道に迷うかとの心配も取り越し苦労で、案内看板が調所にあって岩井畝には迷うことなく到着、ただ、誤算(この時点では)が坂は決して緩やかではなくて急勾配、こりゃ選択ミスか。

              走り始めですから脚付もなく取り敢えず無事到着。

              ほぼ満開でした。樹齢800年のアズマヒガンザクラで同種の県下2番の大桜との看板がありました。エドヒガンザクラとばかり思っていたのですが違っていたみたいです。なら1番はどこ?

              大桜の下の法面にはカタクリの花も咲いていました。

              次に醍醐桜を目指して走っていきますが、本日唯一の迷走、「左 カタクリ茶屋」の看板を見て、何故か右に曲がってしまう、やや心配になって道端の人に聞いて間違いに気付く。

              あとアップダウンを繰り返しやっとのことで醍醐桜に到着しました。

              平日だというのに大勢の観光客、駐車場は満杯で車が数珠繋ぎに連なっていました。

              満開。人物が写らないよう写真を撮るのに苦労するくらいの人人人。

              岩井畝で知ったアズマヒガンザクラ、1番はこの桜で樹齢1000年となってました。アズマヒガンノザクラの花弁は小さめです。

              次の目的地を新庄と定めましたので、来た道を戻るのが近道ですが、あのアップダウンはもう嫌と県道84号線に下っていくことに、しかし下っても下っても車の列、結局84号まで車の列が続き、84号の合流点を過ぎまだ北房IC方面に車の列が続いていました。あの狭い急坂に車が停車している脇を自転車で上るのは無理、結果逆回りが功を奏したことになりました。

              月田まで戻って32号線を新見方面に走っていきます、刑部で県道58号線に乗り替え更に北上します。

              流石に岡山県の二ケタ県道、快適な道で余裕で走っていけましたが、大佐ダムの手前で右折したとたん、幅員が一挙に狭まり舗装も荒れてきて、上り坂になってくる。ただ横を流れる川が綺麗、苔むした岩の間を清流が流れて、思わずカメラを構える。この川の写真を撮りにだけ来ても値打ちがあるかもしれません。

              もっとこの渓流の写真を撮りたいと思っていたのですが、段々と道の斜度が上がり緩みなく続く上り坂で撮る余裕すらなくなってペダルを回すのが精いっぱいに。植林した大きな木々の中、肌寒いなと思ったら道端に残雪が積み重なっていました。標高にして700m程度だと思うのですが、もともと岡山の北部は雪が多いそれとも今年が異常だったの、ここで雪に出くわすとは思いもしていませんでした。

              新庄では「がいぜん桜」なるものがあって、16日がその祭りとのことでしたので、期待していたのですがご覧とおり。

              写真は松江藩主の本陣だった建物、次は通りの様相です。

              桜は残念でしたが、昼食にとった名物「牛もち丼」何だろうと注文しました。ようは肉うどんのうどんの代わりに柔らかなお餅、美味しかったですよ。

              やはり北部の桜は遅いのかと南に向かう帰路はと、期待をし直して走っていきましたが。

              次に着いた美甘、川沿いに咲く桜で、広々とした川面に覆いかぶさるように咲く桜花、そんな光景のはずでしたが、ここも開花しているといった程度。

              次は桜にはあまり関係がありませんが、古い街並みの勝山を訪れてみました。

              写真は辻本店という造り酒屋、ここまでの道々あった看板「御前酒」の蔵元です。いい街並みでした。

              そのままデポ地に帰って帰路につきましたが、Qちゃんさんの提案で久世に立ち寄ってみますと、

              左の尋常小学校の建物は明治の遺構で国の文化財、右が今まさに満開のトンネル桜の桜並木、最後に満開の桜が見られて心が満たされた感じです。Qちゃんお世話になりました。

               

              今回のルートです。

               

               

              遠征ポタ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | -

              遠くで花見

              0

                JUGEMテーマ:スポーツ

                 

                 年度末の31日、花見をしようと週休日を合わせていたが、天気も桜も全くの不調、その後2度3度と計画はしてみるものの、開花がまだだったり雨だったり、思うようにいかない今年の花見でした。それが、ようやく今日実現することができました。

                 

                詳細は後日にさせていただきますが、ここに行ってきました。桜はまさしく満開で非常に満足した一日を過ごせました。

                 

                遠征ポタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | -

                雨中の花(蕾)見

                0

                  JUGEMテーマ:スポーツ

                   

                   今日は雨、天気予報は見ており、今回ばかりは予報に狂いはないと考えていたし、今春は花が遅れていてまだ開花宣言も出ていないことも知っていた。

                  けれど、月末は最高の花見日和になるだろうと、週休日を調整して体調も万全に整え、来る日を待ちわびていたものだから、こらえ性のないオヤジは「せっかく休みまで調整したのに諦めきれない!」雨は仕方がないが、昨日の暖かさでどこかで桜が咲いていないものかと、可能性が高そうな「明王寺」を訪れることを強行した。

                   

                  入田の道端に車をデポしてさっそく出発。出発して5分ほど走ったころ、ポツポツとやってきたが、雨は覚悟の上なのでウィンドブレーカーとリュックにカッパをかけ、心を決めて走っていった。

                  国道438号に合流して並木のように植えられた枝垂桜をみるも、花一輪すら咲いてないのを確認、愕然とするも「明王寺」に一縷の望みをかけ雨中の桜ライドを続けていく。

                   

                  明王寺の手前の民家の桜はこの状況、益々落ち込み、心もずぶ濡れのまま自転車のペダルを漕ぐ。

                  明王寺です。カッパ姿の近所の方が私を迎えてくれた。「雨が降るのにご苦労さん!」「でも昨日の暖かさで随分と花が咲いたよ」

                  そんなことを言って、優しく迎えてくれた。ずぶ濡れの気持ちに、じんわりと暖かさが広がります。

                  向かって左側の桜が3分咲右側はやっと開花した程度ですね。

                  後は雨を押してひたすらデポ地に向かって走るのみ、最後にデポ地近くで早咲きの桜を愛でて今日はお仕舞としました。

                   

                  もう一つ、心が温まったことがありました。

                  コウノトリ 元気に育ってほしいですね。(望遠レンズを持っていなかったので<m(__)m>)

                  冷え切った体を「あせび温泉」で温めて帰ります。

                  遠征ポタ | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | -

                  八重地から大美谷ダム

                  0

                    JUGEMテーマ:スポーツ

                     

                     週休日で一日自由になる日。こんな日は、当然のように遠征すべく行先を妄想し、計画を練る。

                    いつも迷ってしまうが今回はすぐに決められた。いつも参考にさせていただいている や ま さん が先日行かれたところに水がとっても綺麗なダムがある。機会を見つけて必ず行こうと決めていた大美谷ダムです。

                    「大美谷ダムに行くなら上勝から行く方がいいです。」との や ま さん のアドバイスをもと計画したコースがこちらです。

                     

                    上勝町の道端にデポして一路八重地を目指していきます。八重地といえば徳島の自転車乗りにとってはメジャーな練習地なのですが、実は初めて、私、徳島人ではありませんが徳島を第2の故郷と自負しているものとしては、ちょっと恥ずかしいのですが、なにせ坂が苦手なもので、自然と避けていたのかもしれません。

                    行き易いと教えていた道ではありますが、八重地トンネルに着いたときにはすでに脚は売り切れ。

                    帰りに余裕があれば立ち寄ろうと思っていた八重地の集落(立ち寄らなかったので写真はこの1枚のみ)

                    「トンネルから見た図」有名な構図ですね。ここまでたどり着くのに随分と日々を要しました。

                    少し下って左折、大美谷ダムを目指します。道中素晴らしい眺望がありました。

                    冠雪の山(剣山でしょうか)

                    急な下り坂を下ってお目当ての「水清きダム」

                    ダムとは思えない清き水。こんなの初めてみました。感動です。

                    更に急坂を下って国道193号線、那賀町を経由する元気も脚もないので、再度県道16号線を走るべく右折して坂を

                    上っていきますと、これも写真を見て以前から行きたかった道と大轟の滝(水量が少なかったですが)

                    16号線に入りいろは坂ようのくねくねと蛇行した道を上っていきます。斜度は緩やかですが、

                    (国道193号線と県道16号線の分岐(よく確認したところ沢谷郵便局あたりのようです。)でしょうか)

                    オヤジには長すぎて脚が回らず超亀走でトンネルまで時間のかかること、この時点で八重地の立ち寄りは断念。

                    かいた汗が乾き杉木立で陽光がない下り坂、もう冷え切ってデポ地に到着、おまけに食料をパン1つしか持ってなかったので腹ペコ、ハンガーノック寸前でした。徳島市内で遅い昼食とって帰宅しました。

                     

                    徳島!!!今日もありがとう!

                    遠征ポタ | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | -

                    桜だよりin徳島

                    0

                      JUGEMテーマ:スポーツ

                       

                      今日は振替休日

                      徳島のみなさんが届けてくれる桜の情報が気になって気になって、もう第二の故郷といって過言ではない徳島に遠征して来ました。

                      勝浦の和菓子屋さんの桜と坂本のひな祭りを目的に車を走らせていると、徳島城の蜂須賀桜が遠目にもピンクに輝いているのが判り、それなら原田家も同様のはずと目的地を4つに増やした次第です。

                       

                      和菓子屋さんの道向かいの古木は7分咲き、広場の桜は散ってしまった桜から3分咲まで様々でしたが、やはり古木は風格がありますね。

                      坂本まで県道212号線を走っていると、美味しと評判の中華そば屋さんを発見、帰りには必ず食べようと、元気を振り絞って上っていきます。

                      今日はあまり時間がなかったが、勝浦から坂本まで続く山沿いの道、脚のあるない問わず楽しそうなので、いずれ走ろうと思いました。

                      その後、一度車に戻り徳島方面まで車、またまたデポして原田家の方に向かっていきました。

                      原田家に到着し自転車を止めようとしていた時、原田家のご主人と思えし方が、家屋から出てこられた。「見せていただきます。」とお声かけすると、わざわざ説明とパンフレットまでいただきました。なんでも今では奥様のご両親の看護をするため別のところにお住まいで、今日はたまたま案内の当番で来られていたとのこと。お見受けするからに、高貴さを感じる方でした。

                      最後は徳島城公園まで走って蜂須賀桜を観桜して、今日はお仕舞。

                      桜本番が待ち遠しいですね。

                       

                      遠征ポタ | permalink | comments(10) | trackbacks(0) | -